見る・遊ぶ 学ぶ・知る

千葉市が八都県市と連携 水素エネルギー学ぶツアー 燃料電池バス乗車も

水素で走る燃料電池バス

水素で走る燃料電池バス

  •  

 千葉市を含む、九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、さいたま市、相模原市)が8月25日、日帰りバスツアー「親子で学ぶ!燃料電池バスで行く水素エネルギーツアー」を開催する。

 地球にやさしい水素エネルギーをより多くの人に知ってもらおうと企画した同ツアー。参加者は、東京駅から水素を動力に走る燃料電池バスに乗車して水素情報館東京スイソミル(東京都江東区潮見)に向かい、施設見学と水素サイエンスショーを見学する。

[広告]

 同施設は水素や水素社会の将来像を、見て触って体験しながら学べる総合的学習施設。企業の最新技術や製品を紹介する展示ブースを備えたオープンライブラリー、講義室、自転車を使って自ら水素を作る発電装置を常設する。

 水素サイエンスショーでは、サイエンスパフォーマーのエコマジシャンミヤモさんを講師に招き、実験を交えた水素エネルギーに関する講話を行う。

 参加対象は埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県に在住の小・中学生と保護者。申し込みはJTB相模原支店(TEL 042-701-2153)まで。締め切りは8月9日。

 開催時間は13時~16時。参加無料。雨天決行。荒天中止。