学ぶ・知る

千葉市科学館で「青春プラネタリウム」 市内高校生が星空を解説

高校生の練習風景

高校生の練習風景

  • 42

  •  

 千葉市科学館(千葉市中央区中央)で12月19日、「青春プラネタリウム」が行われる。

操作卓で星座を投影する練習

 「若い感性が生み出す高校生ならではの解説」と題し、千葉市立千葉高校と同稲毛高校の生徒が解説の内容やBGMを考え、当日のプラネタリウム操作と星空の解説をする。対象はどなたでもとし、先着150人を無料で案内する。当日9時より同館7階科学館受付で整理券が配られる。

[広告]

 同日には、NPO法人ちばサイエンスの会による「簡単で面白い電気回路入門」、科学館ボランティアによる「スクラッチを使ったコンピュータープログラミング講座」など、小学生向けの土日講座も行われる。

 開館時間は9時~17時。投影時間は16時~17時。無料(常設展示は別途入館料が必要、大人=510円、高校生=300円、小学生=100円)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース