3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

海浜幕張のコワーキングスペースでプラレール修理 地域の子どもとつながる場作り

子どもが持参したプラレール車両の修理を行う千脇さん

子どもが持参したプラレール車両の修理を行う千脇さん

  • 46

  •  

 コワーキングスペース「TENT幕張」(千葉市美浜区若葉)で7月4日、「プラレールメンテナンスDAY」が行われた。主催は、千葉南プラレール総合車両センター。

修理で分解したプラレール車両

 「兄姉や友達から譲り受けたプラレール車両を修理して使いたい」との問い合わせをきっかけに、同スペースの一角で6月からの毎週土曜、修理の受け付けを始めた。

[広告]

 同センター工場長の千脇和人さんは、「新型コロナウイルス感染症の対策による『STAY HOME』で学校や幼稚園などが休みとなり、自宅待機を余儀なくされた子どもたちがプラレールで遊ぶ機会が増えた。車両はメンテナンスをすれば、より長く遊ぶことができる。プラレールを通じて地域の子どもとのつながり、世代を越えたコミュニケーションの場となれば」と笑顔を見せる。

 週一日の修理イベントのほか、8月8日には幕張ベイパークのクロスポート(同区若葉)でプラレールイベントを予定する。来場者は持参したプラレール車両を走行させることもできる。

 受付時間=11時~17時。修理料金は連結器交換=100円、動力ユニット交換=500円、中古車両検査=500円など。相談無料。