見る・遊ぶ

千葉市花の美術館で子ども向け体験教室 新緑の中に咲く花々が見頃

前庭に咲くポピーとこいのぼり(昨年の様子)

前庭に咲くポピーとこいのぼり(昨年の様子)

  •  
  •  

 三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市美浜区高浜)で4月27日から、「フラワーゴールデンウィーク」が行われる。

 同施設は、屋外の庭に4万8000株、約1600種の植物が植栽された温室棟や展示棟を備えた花の美術館。「花があふれる10日間 ゴールデンウィークは子どもが主役!」をコンセプトに、子どもを対象にしたワークショップを行う。期間中、こいのぼりの飾りが前庭に掲げられる。

[広告]

 木、貝で作るクラフト体験、押し花、銀のアクセサリー、バルーンアート、マスキングテープボックス、ちぎり絵カードを作る体験教室を日替わりで予定する。5月5日は「こどもの日」にちなみ、先着100人の子どもにプレゼントを進呈する。

 カワヅザクラの新緑が映えるなか、前庭に咲くビオラとポピーが見頃を迎えている。ローズガーデンでは芽吹きはじめたバラを、館内アトリウムではマーガレット、アジサイなどのひと足早い初夏の花も楽しむことができる。

 開館時間は9時30分~17時。入場料は大人=300円、小・中学生=150円。5月6日まで。

  • はてなブックマークに追加