見る・遊ぶ

千葉市動物公園で「次世代スター発掘」企画 来園者に投票呼び掛け

オオカンガルーの「オッサンボクサー」

オオカンガルーの「オッサンボクサー」

  •  
  •  

 千葉市動物公園(千葉市若葉区源町)で4月27日から、「ZOO-1(ズーワン)グランプリ」が行われる。

アメリカビーバーの「ダムショクニン」

 同園で飼育する動物の中でレッサーパンダなどに続く「次世代スター」を発掘すべく、来園者に投票を呼び掛ける同企画。エントリーする動物それぞれに競走馬を模したニックネームを冠した、出走表を同園ウェブサイトに掲載。動物たちの特徴や順位予想、飼育員からの一言なども紹介している。

[広告]

 「出走メンバー」は、オオカンガルー、ヒロハシサギ、アメリカビーバー、エリマキキツネザル、ショウガラゴ、ヒワコンゴウインコ、ケヅメリクガメの7種。1位の動物と、1~3位の動物を順番通りに的中させた投票者に同園のオリジナルグッズを抽選で進呈する。1位の動物には、「特別なエサのプレゼント」と「2019年の推し動物として重点的PR」の特典を与える。

 期間中、エントリーしている動物を来園者に紹介する「応援ガイド」を予定する。4月29日・30日、5月6日に動物クイズを出題するクイズラリー、5月5日の子どもの日に小学生を対象にした○×クイズも開催する。

 開園時間は9時30分~16時30分。入園料は、大人(高校生以上)=700円、中学生以下無料。5月6日まで。

  • はてなブックマークに追加