食べる 買う

千葉卸売市場で「歳末市民感謝デー」 正月用品や魚介類店頭に

にぎわいを見せる水産棟の仲卸店(過去開催の様子)

にぎわいを見せる水産棟の仲卸店(過去開催の様子)

  •  
  •  

 「歳末市民感謝デー」が12月27日から、千葉市地方卸売市場(千葉市美浜区高浜)で開かれる。

 同市場の水産棟と関連棟を毎月第2・4土曜に一般開放する市民感謝デーに加え、年の瀬にカニ、かまぼこ、餅などの正月用品や新鮮な魚介類を取りそろえるもの。水産棟では仲卸店に旬の魚や貝が店頭に並び、市場ならではの雰囲気と活気を満喫できる。

[広告]

 生鮮食品の流通機構として重要な役割を果たす同市場は、「水産棟」「青果棟」「関連棟」の3棟で構成。生鮮食品をはじめ干物、練り物、冷凍品の加工食品、のり、落花生など千葉県の名産品、青果物も販売する。関連棟内では、海鮮丼や中華などのメニューを用意した飲食店が並ぶ。

 開催時間は、水産棟=8時~10時30分、関連棟=8時~12時。入場無料。今月30日まで。

  • はてなブックマークに追加