見る・遊ぶ 学ぶ・知る

千葉・幕張でオリンピック・パラリンピック競技紹介 パラスポーツや車いすアート体験

「PLAY THE WHEELS」体験(過去イベントの様子)

「PLAY THE WHEELS」体験(過去イベントの様子)

  •  

 「千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!」が8月25日・26日、イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区豊砂)で開かれる。

 同イベントは、2年後の「東京2020大会」に向けて、大会・競技への理解を深めることを目的としたもの。千葉市で開催されるオリンピック3競技「フェンシング」「テコンドー」「レスリング」とパラリンピック4競技「ゴールボール」「シッティングバレーボール」「テコンドー」「車いすフェンシング」、一宮町で開催されるサーフィンの紹介や、パラスポーツ体験会、競技用具の展示などさまざまな企画を用意する。

[広告]

 25日11時30分からのオープニングセレモニーは、森田健作千葉県知事、熊谷俊人千葉市長、馬淵昌也一宮町長をはじめ、元メジャーリーガーの石井一久さん、メダリストの岡崎朋美さん、パラバドミントン選手の村山浩さんが駆け付ける。

 スポーツ用の車いすにデジタル技術を組み合わせ、車輪を回すと動きに合わせた音を奏でることができる、音と光の体験型メディアアート「PLAY THE WHEELS」や卓球のデモンストレーション、サッカースクール特別教室など、スポーツに関するイベントも行う。会場には、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さん、南海キャンディーズのしずちゃん、ココリコなどよしもと芸人も来場する。

 開催時間は11時~17時。入場無料。