見る・遊ぶ 暮らす・働く

みどり台の西千葉工作室で「パーソナル・リノベ講座」 模型で理想の部屋作り

制作された模型

制作された模型

  •  

 みどり台駅前にある西千葉工作室(千葉市稲毛区緑町)で7月2日、「第1回パーソナル・リノベ講座一級建築士が教える模型作りオトナが遊ぶ工作室-理想の部屋を作ろう-」が開かれる。主催はNPO法人ちば地域再生リサーチ。

 住宅過剰と人口の都心回帰による空き家増加の課題に応える「パーソナル・リノベ・マンション」(借り主個人が模様替えを行うことのできるマンション)の普及を目指して企画した同イベント。自分の理想の部屋を模型で作る内容で、天井の高さ、壁の色、床の材料などを参加者が好みで選ぶ。インテリアの本も用意し、参考にできる。

[広告]

 一級建築士でもあるスタッフの鈴木隆文さんは「初心者の方にも分かりやすく、楽しく過ごしていただけるような講座にしたい。建築模型を作ってみたい方はもちろん、何となく楽しそうだからという理由でもOK。気軽に申し込んでもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~15時。受講料は1,000円。以降も定期的に行い、第2回のテーマは「ノマドなライフスタイルを楽しむ-いつでも作れるいつでも動かせる箱を作ろう-」、第3回は「部屋にTPOで使い分けるコーナーを作ろう」を予定する。