見る・遊ぶ

千葉・見浜園で紅葉と雪つりライトアップ 茶道体験やお香袋作りも

雪吊りのライトアップ(前回の様子)

雪吊りのライトアップ(前回の様子)

  •  
  •  

 「見浜園灯ろうまつり~秋の庭園ライトアップ2019~」が11月16日、県立幕張海浜公園見浜園(千葉市美浜区ひび野)で始まる。

保育園児が作成した灯ろうかざり(前回の様子)

 同園は、四季折々の景観が見られる山や川、海、林などを表現した池泉回遊式日本庭園。期間中は開園時間を延長して、紅葉の庭園をライトアップで演出する。松を積雪から守る「雪つり」や和傘の演出、近隣の保育園児らが作成した灯ろうかざりなどを日没後に点灯し、普段とは違う庭園の様子が楽しめる。

[広告]

 茶室「松籟亭(しょうらいてい)」ではさまざまなイベントを行う。16日は浅香麻美子さん、山下沙綾さんを演者に招いた「お箏(こと)の演奏会」を行う。見浜園入り口では「箏(こと)クラブ」の子どもたちが演奏を披露する。17日は、猿楽さんのピアノ演奏と所花名(ところはるな)さんのチェロ演奏をライトアップと併せて展開する「水月鏡花 ~ピアノとチェロのしらべ~」を行う。23日は、津軽三味線とカホンのライブ(1,600円、事前申込制)を行う。24日は、茶道の先生にお茶の点て方や和菓子・抹茶の作法を学ぶ「見浜園紅葉の茶会」(1,100円)を行う。

 開園時間は8時~19時30分(土曜・日曜・祝日は20時30分)。入園料は、大人=100円、小中高生=50円。1月24日まで。

  • はてなブックマークに追加