食べる 見る・遊ぶ

千葉市動物公園でクラフトビールイベント 千葉の地ビール販売も

ステージパフォーマンス(9月15日の様子)

ステージパフォーマンス(9月15日の様子)

  •  
  •  

 クラフトビールと音楽が楽しめるイベント「BREW at the ZOO」が9月28日・29日、千葉市動物公園(千葉市若葉区源町)中央広場で行われる。

園内に並ぶ出店(9月15日の様子)

 同イベントは「動物公園を子どもだけでなく、大人になっても楽しめる場所にしよう」をコンセプトに、全米各地の動物園でクラフトビールと音楽を楽しむイベントが行われていることを参考に企画した。

[広告]

 市内のクラフトビール醸造所「幕張ブルワリー」から、香り豊かで優しい苦みが特徴の「IPA#2」と「Blonde Ale」の2種類を販売するほか、千葉県産元気豚を使ったジャーキーやサラミなども用意する。アメリカのクラフトビールメーカー「BROOKLYN BREWERY(ブルックリン・ブルワリー)」から「ブルックリン ラガー」と「ブルックリンディフェンダーIPA」の2種。東京、横浜、京都に醸造所を持つ「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」からは「COPELAND(コープランド)」など6種、合計10種類を取りそろえる。

 広場のステージで、28日は千葉県出身のシンガー・ソングライター、サイトーヨーダさん、29日はガールズユニット「MyghtyBoo(マイティブー)」が音楽ライブを行う。

 開催時間は9時30分~16時30分。入園料は、大人(高校生以上)=700円、中学生以下無料。雨天決行。ライブは荒天中止の場合あり。

  • はてなブックマークに追加