見る・遊ぶ

千葉・幕張でタイの水かけ祭りモチーフに音楽フェス 世界からDJが集結

水しぶきが上がる会場(昨年の様子)

水しぶきが上がる会場(昨年の様子)

  •  
  •  

 「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019(エスツーオー・ジャパン・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル)」が7月13日から15日まで、幕張海浜公園(千葉市美浜区ひび野)で行われる。

ずぶ濡れになる参加者(昨年の様子)

 タイの「ソンクラーン水掛け祭り」と音楽をコラボレーションした、「世界一番ずぶ濡れになる音楽フェス」と称されるダンスミュージックフェスティバル「S2O」の日本版として開かれる同イベント。「巨大な水の工場」をモチーフに、巨大な貯水タンクや給水管のセットを用意、水しぶきを浴びながらダンスミュージックを体感できる。

[広告]

 国内のみならず、世界からトップDJアーティストが集結する。主役を務める「ヘッドライナー」として、13日にはEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)のダブステップユニット「Knife Party」、幅広い音楽のジャンルをミックスした独特なサウンドを演出する「Yellow Claw」、14日には現在クラブで人気を博しているナンバー「Booyah」のトラックメーカー「Showtek」、昨年2月に来日公演を行ったNicky Romeroさんを迎える。15日はロックバンドの「WANIMA」とコラボしたステージを展開する。

 会場のブースでは「S2O」発祥地であるタイの料理「カオマンガイ」、タイ風焼きそば「パッタイ」を中心としたオリジナルのフードやドリンクを提供する。

 開演時間は7月13日・14日は14時、15日は17時。雨天決行、荒天中止。

  • はてなブックマークに追加