見る・遊ぶ

千葉の密着発信型プロレス「2AW」が旗揚げ 所属選手が意気込み語る

プロレス団体「2AW」所属選手

プロレス団体「2AW」所属選手

  •  
  •  

 2002年から17年間、千葉市中央区で活動してきた「KAIENTAI DOJO」が6月、団体名を「2AW(ツー・エー・ダブリュー)」と改めて再出発する。5月8日、千葉市役所で設立会見が開かれた。

「2AW」設立会見の様子

 会見には2AW会長の十枝利樹さんと、選手会長の梶トマトさんら団体所属選手13人が出席した。十枝会長が「17年間戦いの舞台となってくれた千葉への感謝を形にするため、プロレスラーが持っている力によって千葉を元気にしていきたい」とあいさつした。

[広告]

 旗揚げ戦を6月2日、TKPガーデンシティ千葉大会で行う。ホームとなるプロレスアリーナ「Blue Field」を名称変更した「2AWスクエア」(都町)では大会を開く。過疎市町村での無料試合や年間100施設の慰問も予定する。

 千葉市出身レスラーのタンク永井さんは「地元密着・発信をより強めて千葉に恩返しをしたい。選手たちの団結が最高潮の2AWに期待してほしい」と意気込みを語った。

  • はてなブックマークに追加