食べる

千葉市で「千葉氏×北斗の拳」クラフトビール販売へ 県内メーカーの協力で商品化

「CHIBA HOKUTO BEER」のボトル3種

「CHIBA HOKUTO BEER」のボトル3種

  •  

 「千葉氏」と「北斗の拳」コラボレーションビール「CHIBA HOKUTO BEER」が12月1日、販売を始めた。

 ラベルに、「千葉常胤(つねたね)」と「北斗の拳」に登場するキャラクターをデザインした同商品。常胤のイラストは、漫画家の武村勇治さんが本商品のために描いたもの。ビールのフレーバーはピルスナー、IPA、コシヒカリライスエールの3種を取りそろえる。

[広告]

 千葉市の礎を築き、北極星と北斗七星を信仰した「千葉氏」中興の祖である千葉常胤の生誕900年と、北斗七星が物語の鍵となる漫画「北斗の拳」の35周年を記念した企画の一環。同市とクラフトビールメーカーの「寒菊銘醸」(千葉県山武市)、「千葉酒類販売」(千葉市中央区要町)の協力で商品化が実現した。

 千葉県内百貨店、スーパーマーケット、道の駅など観光企業で販売する。販売予定本数は各5000本。小売価格は500円(税別)。