食べる 見る・遊ぶ 買う

千葉の製鉄所が「ちばまつり」 みこしや屋台村、鉄に関するイベントも

にぎわいを見せる「みこし大会」と「JFE屋台村」(昨年の様子)

にぎわいを見せる「みこし大会」と「JFE屋台村」(昨年の様子)

  •  

 「JFEちばまつり」が10月28日、千葉市蘇我スポーツ公園周辺(千葉市中央区川崎町)で行われる。

「船上見学会」に参加する来場者たち(昨年の様子)

 1977(昭和52)年に川崎製鉄千葉製鉄所(現、JFEスチール東日本製鉄所)が「地域との共生」を目的に初開催し、今年で40回目を迎える同イベント。

[広告]

 当日は、近隣の町内会から担ぎ手が参加し、20基の大人みこしと子どもみこしが練り歩く「みこし大会」をはじめ、約100店が出店する「JFE屋台村」などを展開する。

 鉄に関する企画も用意する。会場のブースからバスで移動して製鉄の一端を見ることができる「熱延工場見学会」と、海上から製鉄所を眺める「船上見学会」は、非日常の製鉄所の様子を目の当たりにすることができる。「鉄」を見る・知る・体験するコーナーには刀匠の松田次泰さんの「日本刀」展示や「スチール缶」を使った「大型モザイクアート」コーナーを用意。来場者で制作し、完成後撮影スポットとして公開するという。

 ステージでは、市内在住のジャズミュージシャン大原保人さんによる「JAZZコンサート」や、千葉テレビの番組「チュバチュバワンダーランド」のショーを披露。落語家の林家つる子さんによる独演会も行う。

 開催時間は9時~16時(入場は8時30分)。入場無料。