食べる 見る・遊ぶ 買う

千葉都市モノレールの車両基地公開 軌道作業車のデモ走行や乗車体験も

軌道作業車と一緒に記念撮影(昨年の様子)

軌道作業車と一緒に記念撮影(昨年の様子)

  •  

 「ちばモノレール祭り2018」が10月20日、千葉都市モノレール車両基地(千葉市稲毛区萩台町)で行われる。

車両工場内を見学する来場者(昨年の様子)

 年に一度、地域住民やモノレール利用者へ日頃の感謝の意を表してモノレールに親しみ理解を深めてもらうため、車両基地を公開してさまざまなイベントを繰り広げる。今年で13回目。

[広告]

 通常は見ることのできない、モノレールの軌道を点検する「軌道作業車」のデモ走行や乗車体験、記念撮影を企画。モノレール車両の「アーバンフライヤー」の運転席や車両工場の見学、制服着用での記念撮影、鉄道各社のグッズ、地元特産品の販売や飲食コーナーも用意する。

 ステージでは、9月15日にモノレール一日駅長を務めた、「AKB48 team8」千葉県代表の吉川七瀬さんと、群馬県代表の清水麻璃亜さん、新潟県代表の佐藤栞さんの3人がライブを披露。市内の中学生による合唱や、みつわ太鼓保存会による和太鼓演奏の発表も予定する。

 会場では、「未来の千葉モノレール」をテーマに一般から事前に募った、ヘッドマークコンテスト作品の優秀作品を展示し来場者が投票を行う。最優秀賞に選ばれた作品は、アーバンフライヤーの車両1編成に掲出されるという。

 開催時間は10時~15時。入場無料。雨天決行、荒天中止。