天気予報

29

20

みん経トピックス

千葉でご当地落語公演千葉にアウトドアパーク

千葉・幕張で「セント・パトリックス・デー」 仮装パレードでアイルランド文化に触れる

千葉・幕張で「セント・パトリックス・デー」 仮装パレードでアイルランド文化に触れる

緑色の物を身に付け練り歩く参加者(昨年開催の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区ひび野)大芝生広場で3月21日、「セント・パトリックス・デー・パレード千葉」が行われる。主催はアイリッシュ・ネットワーク・ジャパン千葉。

 アイルランドにキリスト教を伝えたセント・パトリックを記念する祝日「セント・パトリックス・デー」。同イベントでは、「エメラルド色の島」と呼ばれるアイルランドのシンボルカラーの「緑色」の物を身に付けてアイルランドと日本を結ぶ文化交流の機会を創出する。千葉での開催は今年で7回目。

 当日は、「緑色」にちなんだ仮装で参加するパレードを行う。アイルランドの妖精「レプラコーン」と一緒に幕張海浜公園から海浜幕張駅を往復する。

 公園内では、幕張にあるアイリッシュパブがブース出店し、ドラフトギネス、アイリッシュサイダーなどのドリンクを販売する。このほか、ギネスシチュー、キーホルダー、Tシャツなどのアイルランド・グッズから紅茶、チョコレートまでさまざまなアイルランドの品を販売する。

 「アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン千葉」代表のハワードバールさんは「アイルランドの伝統的な祭り、シンボルカラーの緑色を身に付けて異文化体験をしてみては。パレードやフェスティバルなどさまざまな催し物もあり、子どもから大人まで、幅広い層に楽しんでいただけるイベント。ぜひ遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 同団体では現在、パレード参加者と当日の設営、受付、パレードの誘導補助など活動を支えるボランティアも募集している。

 開催時間は10時~16時。パレードは12時から(要事前登録、参加無料)。

グローバルフォトニュース