天気予報

29

20

みん経トピックス

千葉科学館で「太陽展」千葉で新春たこ揚げ大会

千葉そごうで「フラワーフェスティバル」 千葉県産の約580点の花々が集結

千葉そごうで「フラワーフェスティバル」 千葉県産の約580点の花々が集結

花のあふれる会場

写真を拡大 地図を拡大

 そごう千葉店(千葉市中央区新町)6階催事場で現在、「第38回千葉県フラワーフェスティバル」が開催されている。

ソラの木を利用したワークショップ

 「一足早い房総の春を告げる花のイベント」として千葉県の花き生産者が育てた 約580点の花々を展示。関連して花を楽しむイベントを開く。

 会場内は千葉県、千葉市、千葉県立農業大学校の装飾花やハンギングバスケットなどの展示も行われ、さまざまな花が会場を彩る。

 花に関するワークショップも企画され、7日は、会場内で撮影した写真をデコレーションする「スクラップブッキング体験」(2,000円)や、マメ科低木「ソラ」の皮を薄くむいたものを花に形成しアレンジする「アロマディフーザーづくり」(3,900円)ほか、千葉市が推進する「花のあふれるまちづくり」のシンボルキャラクター「ちはなちゃん」のぬり絵ができるコーナーも。

 目玉のイベント「花のコンテスト」は、シクラメンやベゴニアなどの「鉢花の部」、コニファー、ストレリチア等の「観葉の部」、シンビジューム、カトレアなどの「洋らんの部」、カラーやカーネーションが並ぶ「切花部」などに分かれ、農林水産大臣賞、千葉県知事賞などが発表された。最終日の8日は会場内の展示作品の即売会も予定する。

 開催時間は10時~20時(最終日は12時)。入場無料。8日まで。

グローバルフォトニュース