天気予報

15

7

みん経トピックス

千葉市で「縄文秋まつり」千葉湊大漁まつり

千葉都市モノレールで「長巻きデコずし」企画 走行中の列車内で調理、40人が参加

千葉都市モノレールで「長巻きデコずし」企画 走行中の列車内で調理、40人が参加

車内で巻かれた5メートルのデコずし

写真を拡大 地図を拡大

 千葉都市モノレールで10月28日、「長いデコ巻ずしを巻こう」企画が行われた。

切り口から現れた「おばけかぼちゃ」

 千葉市で巻きずし教室を主宰するなかむらみちこさんが「デコ巻きずし」を広く知ってもらおうと、走行中の千葉都市モノレール貸し切り列車内で5メートルの巻きずし作りに挑戦する同企画。

 「デコ巻きずし」は太巻きずしを現代風にアレンジし、自由な発想で絵柄を表現できるのが特徴。

 巻きずしの全長は、なかむらさんが所属する日本デコずし協会の設立5周年に合わせ、5メートルを設定した。材料は、佐倉市産の米と八街市産ニンジンを使った酢飯など、千葉県産食材にこだわった。のりは長い巻きずしのために特注品を使い、図案はハロウィーンの「おばけかぼちゃ」をデザインした。

 この日は、なかむらさんの教室の生徒やその家族ら約40人が参加。千葉みなとから出発し90分間の「巻きずしの旅」を楽しんだ。切り口から「おばけかぼちゃ」が現れると「かわいい」「よくできた」と歓声が上がった。

 なかむらさんは「これからも千葉県で皆さんにおいしく、楽しいイベントを企画していきたい」と意気込む。

グローバルフォトニュース