天気予報

20

12

みん経トピックス

千葉ポートタワー見学会千葉でフラワーフェス

カルビーご当地ポテトチップス、千葉は「さんが焼き味」に 県庁で発表会

カルビーご当地ポテトチップス、千葉は「さんが焼き味」に 県庁で発表会

県庁での発表会 チーバくんがPR

写真を拡大 地図を拡大

 千葉県庁(千葉市中央区市場町)で10月10日に「千葉の味のポテトチップス 味名発表会」が行われ、「さんが焼き味」と発表された。

千葉「さんが焼き味」ポテトチップス

 菓子メーカーカルビー(東京都千代田区)が47都道府県の「地元ならではの味」を開発するもの。地域で有名な産品を全国に紹介することで日本を元気にしていこうという「ラブ ジャパン」企画の一環。販促力・開発技術力などカルビーの強みと郷土愛・素材づくりなど地元の強みを生かし、共創することでヒット商品を生み出す狙い。

 「さんが焼き」は、アジやイワシとみそを細かくたたき、シソ、ネギ、ショウガなど香味野菜を混ぜて焼いた千葉県を代表する郷土料理。千葉県庁が味、パッケージのデザインに協力した。パッケージには海に恵まれたイメージとマスコットキャラクター「チーバくん」を配置。

 そのほかの候補には、「いわし角煮」や「みそピー」、牛乳を煮詰めてつくる「白牛酪(はくぎゅうらく)」などが挙がったという。同社マーケティング本部で千葉の味を担当した大藤友季恵さんは、「自然の恵みと文化・歴史がある点で『さんが焼き』を選んだ。香ばしいみそと魚の味を生かし、シソをアクセントに効かせて仕上げた。千葉の魅力を他県に紹介していきたいという思いを込めた」と話す。

 県農林水産部水産局長の山﨑明人さんは「さんが焼きは、漁師が船上で生で食べていたものを陸の人も食べられるよう焼いたものといわれている。千葉の豊かな海の幸と人々の教えが融合した優れた食文化。商品をきっかけに千葉県の水産物をご愛顧いただけたら」と話す。

 11月13日に千葉県内ほか、関東・東北地方と山梨、長野、新潟のコンビニエンスストアで販売開始予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング