暮らす・働く

千葉市で「ベンチャー・カップ」 一般、学生部門でビジネスプラン募集

ビジネスプラン入賞者(昨年の様子)

ビジネスプラン入賞者(昨年の様子)

  • 5

  •  

 千葉市産業振興財団(千葉市中央区中央 TEL 043-201-9504)が現在、「ベンチャー・カップCHIBA」のビジネスプランを募集している。

昨年度のグランプリ受賞者・中村順一さん

 千葉県内の経済団体を中心に、千葉県、金融機関、証券会社、監査法人などで発足した「ベンチャークラブちば」が参画する同募集は今年で19回。千葉市発の新規性・独創性に富むビジネスプランを、一般部門と学生部門の2部門で受け付ける。

[広告]

 一般部門では、AI(人工知能)、VRやIoTなど先端情報技術を活用したプランが対象の「AI・IoT賞」、生産、加工、販売、観光など農業に関連するプランが対象の「アグリビジネス賞」を用意。今回は、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる17項目の達成に向けてビジネス視点でアプローチを図るプランが対象の「SDGsビジネス賞」も新設した。

 ビジネスプランの発表会と授賞式は2021年3月3日、三井ガーデンホテル千葉(同区中央)で行う予定。受賞者には千葉市融資制度の優遇措置を設けるほか、各分野の専門家からビジネスプラン実現に向けたアドバイス支援も行う。

 応募は千葉市産業振興財団への郵送と持参で受け付ける。締め切りは11月6日17時。