見る・遊ぶ

千葉・いなげの浜で「ビーチスポーツの祭典」 全11種目の競技を体感

ビーチバレー(過去開催の様子)©ジャパンビーチゲームズフェスティバル千葉実行委員会

ビーチバレー(過去開催の様子)©ジャパンビーチゲームズフェスティバル千葉実行委員会

  • 83

  •  

 「ジャパンビーチゲームズ フェスティバル千葉2020」が9月19日・20日、稲毛海浜公園いなげの浜(千葉市美浜区高浜)で開催される。

ビーチテニス(過去開催の様子)©ジャパンビーチゲームズフェスティバル千葉実行委員会

 2019年10月に白い砂浜へとリニューアルした「いなげの浜」で、スポーツと海辺の活性化を目的に開く同イベント。国内トップ選手が行う試合の観戦、来場者が実際に体験できるビーチスポーツ計11種目を用意する。

[広告]

 種目はビーチバレーボール、ビーチサッカー、ビーチテニス、ビーチフラッグスなど名が知れているものをはじめ、帯状テープの上でバランスを取り様々な技を楽しむ「スラックライン」、卓球とサッカーを組み合わせた「テックボール」、味方とラリーを続けることから思いやりのスポーツと呼ばれている「フレスコボール」など。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、会場が密にならないよう上限を定めて来場希望者を募集していたが、各日500人の来場者枠を設けて当日入場も受け付ける。

 開催時間は10時~17時(荒天中止)。JR稲毛海岸駅から臨時バスを運行する。入場無料。