3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

千葉・稲毛区のホームセンターで地産地消イベント 店頭に野菜やパン並ぶ

ジョイフル本田千葉店「おは陽市場」

ジョイフル本田千葉店「おは陽市場」

  • 20

  •  

 千葉県産野菜やパンの販売を通じ地産地消を図る「おは陽市場(おはよういちば)」が6月6日、ジョイフル本田千葉店(千葉市稲毛区園生町)で営業を再開した。

Bakery&Cafe Firstのパン

 千葉市緑区のベーカリを中心にパンや野菜を移動販売するセレクトショップ「COCO・Bread(ココブレッド)」が企画、ジョイフル本田千葉店と共同開催するイベント。コロナウイルス感染症の影響で、一時中止していた。Bakery&Cafe First(緑区あすみが丘東)が粉から作ったパンと、農業生産法人ベジフルファーム(千葉県富里市)が取り扱う千葉市産の野菜を直販している。

[広告]

 COCO・Bread代表の古川奈緒さんは「当日朝の焼きたてパンを取りそろえている。ねぎ塩チキンバーガー、ベーコンエッグ、イチジクがたっぷり入ったフィグが人気。2ヶ月ぶりに開催することができ、お客様にお会いできることが嬉しい」と笑顔を見せる。

 ジョイフル本田スタッフの戸谷豊さんは「当店の取扱商品は生活用品がメイン。地域住民へ食に対するお手伝い、千葉市に貢献したいという思いから当初は野菜の直販を行った。おは陽市場でパンも始めたところ、お客様に好評をいただき定期開催するようになった。豊富な種類のパンを楽しんでもらえたら」と話す。

 同店は、出入り口付近にアルコール消毒液の設置、従業員はマスク着用して接客するなどの対策を行っている。開催日時は第2・第4土曜10時~13時。