見る・遊ぶ

千葉市美術館で世界絵本原画展 日本人受賞作品など200点一堂に

BIB2017金のりんご賞を受賞した荒井真紀さんの作品「たんぽぽ」

BIB2017金のりんご賞を受賞した荒井真紀さんの作品「たんぽぽ」

  •  
  •  

 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」が現在、千葉市美術館(千葉市中央区中央)で行われている。

ミロコマチコさんのBIB2017金牌受賞作品「けもののにおいがしてきたぞ」

 スロバキア共和国で2年ごとに行われる「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)」の日本巡回展として、絵本原画約200点と絵本や関連資料を紹介する同展。日本からのノミネート作品や受賞作品のほか、中国、イラン、イスラエル、韓国の作品を並べる。

[広告]

 2017年に「金のりんご賞」を受賞した荒井真紀さんの「たんぽぽ」や、「金牌」を受賞したミロコマチコさんの「けもののにおいがしてきたぞ」などの作品を展示する。日本人出品作家のノミネート作品の取材メモ、下絵などによって制作の過程をたどり、アイデア帳を作家のコメントと併せて紹介する。2月23日は関連イベントとして、絵本作家の荒井良二さんと編集者の広松健児さんによるトークイベントも予定する。

 開催時間は10時~18時(金曜・土曜は20時まで)。入場料は、一般=1,000円、大学生=700円、高校生以下無料。3月3日まで。

  • はてなブックマークに追加