見る・遊ぶ 学ぶ・知る

千葉市が市章を「初音ミクコラボデザイン」に 初音ミク誕生日に合わせて企画

「初音ミク」になった千葉市章(千葉市ホームページから)

「初音ミク」になった千葉市章(千葉市ホームページから)

  •  

 千葉市が8月31日、ホームページに掲載している「市章」を一日限定で「初音ミク」コラボデザインに変更した。

千葉都市モノレールの「初音ミクデザイン市章ヘッドマーク」

 コラボ市章は、同市ホームページPC版のトップページとスマートフォン版全ページの左上に配置する。掲示時間は9時~21時。

[広告]

 「初音ミク」はバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど人気を集めるキャラクター。「2つに束ねた髪が市章デザインに似ている」とネットで話題に上がったことがきっかけで、昨年に続き「初音ミク」の誕生日にコラボデザイン企画を行うことになったという。

 同市は、ポップカルチャーを振興する取り組みの一環として、幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬)で8月31日から行われている創作文化を体感できるライブと企画展を併催する「初音ミク マジカルミライ2018」を後援しているほか、千葉都市モノレールとのコラボなど、さまざまな企画を行い、国内外へ千葉市をPRしている。