見る・遊ぶ

千葉市泉自然公園でハナショウブが約6000株見頃に

菖蒲田で咲き誇るハナショウブ(6月5日の様子)

菖蒲田で咲き誇るハナショウブ(6月5日の様子)

  •  

 泉自然公園(千葉市若葉区野呂町)で現在、「ハナショウブ(花菖蒲)」がシーズンを迎えている。

 同園では約6000株、12種類のハナショウブ(花菖蒲)を栽培している。例年、5月下旬から咲き始め6月中旬ごろに見頃を迎える。同園職員によると「現在の開花は5割ほど。今週末満開の予定」という。緑に囲まれた約2700平方メートルの菖蒲田で、紫や白、グラデーションなど色とりどりの花菖蒲を鑑賞できる。周囲には紫陽花(あじさい)の花も植栽されて旬の花々を楽しめるという。

[広告]

 毎週土曜10時からは「野草ボランティアガイド」(無料)を開催。季節に合わせたおすすめのスポットをガイドが解説しながら案内する。

 開園時間は8時30分~17時。入園無料。