見る・遊ぶ

千葉・フラワーミュージアムでバラが見頃 ガーデンツアーも

宿根草と併せて植栽されたローズガーデン

宿根草と併せて植栽されたローズガーデン

  • 55

  •  

 稲毛海浜公園(千葉市美浜区高浜)内にある三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)で現在、「ローズフェア」が開催されている。

庭で咲き誇るバラ

 同施設は、屋外の庭に約1600種4万8000株の植物が植栽され、温室棟や展示棟もある花の美術館。施設内のローズガーデンでは現在、イングリッシュローズを中心にバラの見頃を迎えている。今年は気温が高い日が続き、例年より早めの開花となっている。宿根草と併せ一年のうちで一番花が多く、花壇がにぎやかな時期だという。約200種のバラを楽しむことができる。

[広告]

 5月27日13時30分からNPOバラ文化研究所理事の野村和子さんと「バラ園ガイドツアー」を開催し、バラにまつわる話やローズガーデンの見どころなどを紹介する。

 そのほか、6月3日には「ゴスペルコンサート」(無料)、6月9日は「バラとハーブのミニブーケ作り」(参加費500円) が行われる。

 同時開催で館内アトリウムフラワーガーデンは、「イングリッシュガーデンにあこがれて」と題し、初夏に咲く宿根草の花壇を展示している。

 開館時間は9時30分~17時。月曜休館。入館料は、大人=300円、小・中学生=150円。6月10日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース