天気予報

9

3

みん経トピックス

千葉・稲毛で「あかり祭」千葉県が投資活用支援

千葉ポートタワーで恒例クリスマスツリー 今年はシャボン玉の演出も

千葉ポートタワーで恒例クリスマスツリー 今年はシャボン玉の演出も

シャボン玉を飛ばすなどクリスマス仕様に装飾された千葉ポートタワー

写真を拡大 地図を拡大

 千葉ポートタワー(千葉市中央区中央港)で現在、「クリスマスイルミネーションツリー」が点灯している。

ポートタワーの光に反射するシャボン玉

 同タワーの壁面には高さ100メートル、幅30メートルの巨大クリスマスツリーがカラフルな光とともにライトアップされる。音楽に合わせてツリーが変化する「イルミネーションショー」は、17時~20時の間60分ごとに行われ、千葉港を背景に夜空に輝く。今年は土曜・日曜・祝日に17時30分と18時30分の2回タワー周辺にシャボン玉を飛ばし、ライトに照らされ光る「シャボン玉イルミネーション」が繰り広げられる。

 期間中、タワーの営業時間も土曜・日曜・祝日は20時まで、23日~25日は21時まで延長。105メートルの高さに位置するサンセットプロムナードに設置された天使の羽イメージしたモニュメントは写真撮影ポイントとなっている。12月2日は「恋人の聖地」として認定されていることにちなみ、クリスマス婚活イベント「恋してポート」も予定。

 土曜・日曜・祝日は、普段は閉鎖している屋上オープンデッキを特別開放。「日本夜景遺産」に認定された千葉港、千葉市街の夜景を360度眺めることができる。見どころは「日本八大工場夜景」の一つとされる工場夜景。JFEスチール東日本製鉄所のオレンジ色の明かりと石油タンク群の白い明かりの2色のコントラストを楽しむことができるという。

 12月3日にはジャズコンサートとフリーマーケット、16日にはフラダンスショー、23日には「Heart to Heart」のコンサートを開催。3日と17日はタワー前広場で地元の新鮮野菜の販売やフリーマーケットを開く。17日は同公園内ロータリーに200人のクリスマスの仮装をしたライダーが集結し、千葉の街を走る「サンタツーリング」も。

 点灯時間は17時~22時。開館時間は9時~19時(イベント期間中は延長)。入館料は、大人=420円、小中学生=200円、小学生未満無料。12月25日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング