3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

千葉の欧風料理店「フロマージュ」が刷新 県産無農薬野菜にこだわる

野菜を手に取る店主の塩月さん

野菜を手に取る店主の塩月さん

  • 0

  •  

 千葉駅千葉公園口近くの欧風料理店「Fromage(フロマージュ)」(千葉市中央区弁天、TEL 050-5281-7937)が2月1日、リニューアルオープンする。店舗面積は18坪。24席

千葉県産の野菜を使った「ラタトゥイユピザ」

 「千葉県のおいしさを、食を通じて全国の人に届けていける店を目指したい」と1カ月間店を閉め、メニューを開発してきた。千葉県産の無農薬野菜にこだわり、地産地消をテーマにしたという同店。メニューは「これならお客さまに提供できる」とスタッフ全員の気持ちが一致するまで、何度も試作を繰り返し、試食会を開いてメニューを決めたという。

[広告]

 同店のお薦めは、千葉のアーモンドパウダーを生地に使った「マルゲリータ」(900円)、千葉県産の鶏肉とオーガニックにこだわった「黒カレー」(セット料金1,700円)、農薬、化学肥料を使わない柴海農園(印西市)の野菜を使った「サラダパフェ」(760円)。県内の牧場のチーズや世界のビールも用意。ヒューガルデンホワイト・ロゼ(各680円)、レモンビール( 630円)、カールスバーグ (550円)などラインアップする。

 店主の塩月和也さんは「まずは地域密着型の店として、地元の人に料理を食べながら地域活性化などについて語り合ってもらえるような交流の場として活用いただけるとうれしい。千葉の食材を使えば、こんなにおいしい料理が作れるぞということを、SNSなどから全国に情報発信していけたら。県外の方からも一度行ってみたいと感じてもらえるような場所にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~23時(金曜・土曜・祝前日は24時まで)。火曜定休。