3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

千葉市文化センターで科学マジックショー 実験通じて理科を学ぶ

マジシャンの「YOHEY」

マジシャンの「YOHEY」

  • 16

  •  

 「こども科学マジックショー」が8月20日、千葉市文化センター(TEL 043-221-2411)で行われる。

マジシャンの「LUNA」

 同イベントは、サイエンスマジシャンのYOHEY(ようへい)さんとLUNA(るな)さんによる、「観(み)て」「楽しめる」科学とマジックを融合したマジックショー。

[広告]

 参加者に実験を体験してもらいながら原理や仕組みを解説する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ワークショップは行わず、マジシャン2人による40分のショーを行う。ショーの最後にはYOHEYさんがQRコードを使った「不思議な!?おみやげ」を進呈する。

 YOHEYさんは「大変な時期で中止も考えたが、自分も小中学生の頃に千葉市のこのようなイベントに参加して理科が大好きになった思い出があり開催することにした。手洗いの重要性や殺菌の仕組みについて、マジック演出を加えた科学実験で楽しみながら学べるショーを用意している。参加した子どもたちが理科を好きになってくれたら」と笑顔を見せる。

 LUNAさんは「新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校の授業短縮や夏休みの縮小、自由に遊べる場所などが少なくなり、今までの生活がガラリと変わってしまった。子どもたちが生まれ育った千葉市の思い出に残るような楽しいイベントにできたら」と話す。

 開催時間は、午前=10時30分~11時20分、午後=14時~14時50分。参加費1,000円。申し込みははがき、ファクス、eメールで受け付ける。7月30日必着。