暮らす・働く

千葉市がテレワークプラン利用を推進 市内宿泊施設を活用

テレワークプランを設けるホテル

テレワークプランを設けるホテル

  • 52

  •  

 千葉市は、テレワーク推進事業として市内宿泊施設が提供するテレワークプランの利用料の一部を負担する制度を始めた。

 自宅でのテレワークで不便を感じている人や、通勤できない人のなどのために参画施設が「千葉市テレワーク推進事業対象プラン」を提供する。利用者はプラン利用料から上限3,000円を割り引いた価格で利用できる。観光やイベントの自粛により大きな影響を受けている宿泊施設を活用、双方のメリットを見いだす。

[広告]

 助成は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、行動が制限される中でも社会経済活動を維持することを目的に、再び困難な状況が発生したとしても対応が可能な「しなやかな社会を構築することが重要」とする「ちばしチェンジ宣言!」の一環。

 利用資格は千葉市内在勤で千葉県内在住または、千葉市内在住で千葉県外に勤務する人。助成期間は6月30日のチェックアウトまで。ただし予算の上限に達した時点で終了。対象宿泊施設は千葉市のホームページで確認できる。