見る・遊ぶ

幕張で「ニコニコ超会議2019」 著名人とバーチャルキャラクターが共演

「超歌舞伎 Supported by NTT」©ニコニコ超会議2018

「超歌舞伎 Supported by NTT」©ニコニコ超会議2018

  •  
  •  

 「ニコニコ超会議2019」が4月27日・28日、幕張メッセ国際展示場ホール、イベントホール(千葉市美浜区中瀬)で開かれる。

超バーチャルYouTu”BAR"©ニコニコ超会議2018

 登録会員数6000万人を超える「ニコニコ動画(通称=ニコ動、ニコニコ)」の全てを再現することをコンセプトに、タイトルの多くに「超」が付いた企画やステージを繰り広げる。テーマに「ネット発!みんなで作る日本最大級の文化祭」を、キャッチコピーに「同じってうれしい。違うってたのしい。」を掲げる。

[広告]

 音楽フェスの「超音楽祭」は、ロックバンドGLAYとゴールデンボンバーが「対バン」で共演する。現代のデジタル技術を駆使した「超歌舞伎」では、中村獅童さんら歌舞伎役者と初音ミクが「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」を上演。古典歌舞伎を代表する名作の一つ「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」と初音ミクの代表曲「千本桜」の世界観をもとに、2016年に発表したものを衣装も新たに披露する。

 「VTuber Fes Japan 2019」のステージは、「電脳少女シロ」や「ミライアカリ」などのVTuber(バーチャルユーチューバー)が出演、トークやライブ企画を予定する。「超ヲタ芸エリア」では演歌歌手の小林幸子さんが歌う千本桜に合わせ、「ヲタ芸」のレッスンも用意する。

 開催時間は10時~18時(28日は17時まで)。入場料は、一般=2,300円、未就学児は入場無料。

  • はてなブックマークに追加