食べる 見る・遊ぶ

千葉・幕張海浜公園見浜園で「茶の湯~野点風~」 抹茶を点てる体験も

見浜園内茶室「松籟亭」

見浜園内茶室「松籟亭」

  •  

 県立幕張海浜公園にある見浜園内茶室「松籟亭(しょうらいてい)」(千葉市美浜区ひび野)で4月21日・22日、「見浜園茶の湯~新緑の会 野点風~2018」が行われる。主催は県立幕張海浜公園みどりと海のパートナーズ。

 「新緑の日本庭園を楽しむ」をタイトルに日本の伝統文化「茶道」に親しみ、呈茶サービスやお茶点(た)て体験・庭園ガイドウオークなどを行うもの。

[広告]

 見浜園は、山や川、海、林などを表現した池泉回遊式庭園。池には舟着や州浜、出島・中島、橋が配されている。周囲にはあずまや、築山や園路などさまざまな意匠が施されている。歩きながら、四季折々に変化する景観の自然美を満喫できるようになっている。

 「松籟亭」では、茶道の講師が茶道が初めての人でも参加できるよう、茶せんで抹茶を点(た)てる体験や、和菓子・抹茶の頂き方の作法なども解説する。参加費は1,000円。和傘の無料貸し出しもあり、園内を和傘で散策できるサービスも。

 スタッフが見浜園の見どころやポイントを解説しながら園内を回る「庭園ガイドウォーク」も両日開催。参加者には園内の花を使った栞(しおり)を進呈する。

 開催時間は9時30分~16時。庭園ガイドウオークは13時30時~。見浜園入園料は、大人=100円、小中高生=50円。お抹茶(和菓子付き)500円。事前申し込み不要。