天気予報

20

17

みん経トピックス

千葉で芸術文化講座千葉でライトニングトーク

コスプレで食事から映画、撮影まで 千葉市蘇我エリアで「コスプレ開放デー」

  • 0
コスプレで食事から映画、撮影まで 千葉市蘇我エリアで「コスプレ開放デー」

コスプレーヤーの寝娘(ねこ)さん

写真を拡大 地図を拡大

 千葉市の複合商業施設「フェスティバルウォーク蘇我」(千葉市中央区川崎町)で2月19日、「コスプレ開放」イベントが開かれた。

イベントを楽しむコスプレーヤー

 コスプレのまま施設内を利用できるコスプレーヤー開放イベント。同施設では定期的に開催され、128回目を迎えた。アニメや漫画、ゲームのキャラクターになりきり、思い思いのコスチュームに身を包んだ、コスプレーヤーと撮影者が来場。食事やゲーム、プリクラ撮影、カラオケや映画まで楽しめる。海に面したロケーションのため、海を背に広場や桟橋は撮影スポットとなっている。

 今回は、1月27日に公開された映画「ドクターストレンジ」を記念して、映画化されたマーベルヒーローのレイヤーを対象に、シネマ鑑賞か同施設内にある温浴施設の招待チケットを進呈した。

 佐倉市から来た中学生、寝娘(ねこ)さんは4月でレイヤー歴1年。サブカル好きな両親と10回以上同イベントを訪れているという。「参加費が安くて参加しやすい。DJがいるので踊れることがとても楽しい」と笑顔を見せる。

 茂原市から家族で訪れていた座間悠月(ゆずき)ちゃんは、プリキュアの「キュアモフルン」に変身し、写真撮影を楽しむ姿も。晴天に恵まれた会場は、賑(にぎ)わいを見せていた。

 次回は3月19日10時30分~18時。参加費500円。当日に受け付け、登録が必要。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング