食べる 暮らす・働く

お盆の夜、地元で楽しむ「コーヒーとワインとパン」コラボイベント みどり台駅近くで

店内に並ぶdodoのパン

店内に並ぶdodoのパン

  •  

 京成みどり台駅近くのコーヒーとワインの店「25 vingt-cinq(ヴァント・サンク)」(千葉市稲毛区黒砂1)が8月13日、日本の夏を楽しむ食事会「KUROSUNA Bonne Soiree!(クロスナ ボン ソワレ)」を開催する。2軒隣のパン店「boulangerie dodo(ブーランジュリードド)」との2店合同イベント。

 「コーヒーとワイン、そしてパンのある暮らし」と題し、お盆の季節に地元の夜を楽しんでもらうもの。イベント名「Bonne Soiree!」とは直訳すると「良い夜を!」になるという。

[広告]

 オーナーの蛭田智也さんは「黒砂という京成みどり台駅近くの住宅街の地区を何とか盛り上げていきたいという思いから、dodoさんと話し合い、まずはお盆の夜のおいしい企画を考えた。今後、2回、3回と恒例のイベントにして、地域の方々に喜んでいただけたら」と笑顔を見せる。

 料理は一夜限りの「dodo×25 ディナープレート&デザート」(1,500円)を用意。dodoオーナーのTaekoさんがパンをその場でスライスし、交流も楽しめるという。飲み物は各自好みのものをオーダーする。

 開催時間は18時~22時。