プレスリリース

千葉最強のベッドタウンの知られざる実態とは?発行累計100万部突破の地域批評シリーズ最新刊『これでいいのか千葉県東葛・葛南』が発売!

リリース発行企業:株式会社マイクロマガジン社

情報提供:

・千葉県の東葛(松戸、柏、流山、我孫子、野田、鎌ケ谷)・葛南(船橋、市川、浦安、習志野、八千代)ってどんなとこ? 読めば東葛・葛南のすべてがわかる! ・このご時世だからこそ、地元を見つめ直そう


マイクロマガジン社(東京都中央区)は、全国各地で好評いただいている地域批評シリーズの新刊として、書籍『地域批評シリーズ56 これでいいのか千葉県東葛・葛南』を11月11日に発売いたします。


地域批評シリーズ56 これでいいのか千葉県東葛・葛南
https://www.amazon.co.jp/dp/486716075X/
編者: 伊勢サトシ・細川恵太
ISBN:9784867160756
文庫 / 書籍 /320ページ
定価:980円(税抜)
発売日:2020年11月11日

都内ともタメ張る!?東葛と葛南の大いなる勘違い

千葉県は、エリアによって住む人の行動パターンや、地元への帰属意識が全然違う。そのなかでも特異なポジションにおかれているのが東葛・葛南エリアである。

これらのエリアはベッドタウンとして人気が高く、とくに葛南には「住みたい街ランキング」にたびたび名を連ねる街もある。一方の東葛でも、つくばエクスプレス開業効果で人気の街が出現した。

これらのエリアは千葉というより、もはや東京の一部と化し、実際に移り住んできた新住民のなかには、自分たちが千葉県民という意識が薄い人が多く、彼らはたびたび「千葉都民」と揶揄される。

そうした羨望や嫉妬の眼差しを向けられる東葛・葛南エリアだが、その実態は噂されているほど素晴らしいものなのだろうか?本書は、両地域の歴史、住民や街の特性や特徴、直面する問題などを多角的に分析・解説した!

♦ビミョーな再開発を続ける松戸
♦実験都市・柏の葉の可能性
♦市川にタワマン問題はなぜ起きない?
♦夢の国が自慢の浦安で市民の教育熱が加速!?
♦地域格差著しい流山は勝ち組か負け組か
♦漫画のイメージに汚された習志野のリアルな姿

このご時世だからこそ、改めて地元を見つめ直そう!
地域の魅力と問題点を伝える「地域批評シリーズ」の最新刊!




地域批評シリーズとは

2007年創刊の「東京都足立区」からスタートし、通巻150号、発行累計100万部を超えた超ロングランシリーズ。
各地域のイメージとして貼られたレッテルを、統計データや現地取材など、さまざまなアプローチを用いて検証し、地域の真実の姿や本当の魅力を明らかにする「面白くてためになる」地域分析本です。
地域の美味しいお店や遊べるスポットを紹介する〈地域ガイド〉とは一線を画す【今までに無いご当地本】として北は北海道から南は鹿児島まで計155タイトルを好評発売中!

地域批評シリーズ
https://micromagazinestore.com/products/list?category_id=255
地域批評シリーズを手掛ける第一編集部Twitter
https://twitter.com/MMdai1hennsyubu

【内容・販売に関するお問い合わせ先】
(マイクロマガジン社 販売営業部)
hanbai-bceigyou@microgroup.co.jp
【取材・その他に関するお問い合わせ先】
(マイクロハウス 広報)
release_mg@microgroup.co.jp

  • はてなブックマークに追加