見る・遊ぶ 学ぶ・知る

千葉市科学館で「ポップアップ・ミュージアム」 しかけ絵本の仕組みや歴史紹介

クッキーカウント

クッキーカウント

  • 32

  •  

 春・ゴールデンウイーク企画展「ポップアップ・ミュージアム~しかけ絵本の世界~」が3月20日から、千葉市科学館(千葉市中央区中央)7階企画展示室で行われる。

絶滅した獣たち メガビースト (エンサイクロペディア太古の世界)

 飛び出す、引っ張ると動くなどさまざまな細工が施されている「しかけ絵本」の仕組みや歴史を、実際に絵本に触れるコーナーやAR(拡張現実)を利用した絵本展示を通じて紹介する同展。

[広告]

 動く絵本作品に与えられる、メッゲンドルファー大賞を二度受賞したロバート・サブダの作品「クッキーカウント」、サブダと出会い、工業デザインを学んだ後にポップアップの作品を手掛けるようになったマシュー・ラインハートとサブダのコラボ作品「絶滅した獣たち メガビースト (エンサイクロペディア太古の世界)」を展示する。ARスタンプラリー、ポップアップカード工作ワークショップも用意する。

 関連イベントとして、3月27日・28日は「のぞいてふしぎ?!ピープショーを作ろう!」、4月24日は「とびだすカードをつくろう!」、5月8日・9日は「くらやみ探検隊しかけカードをつくろう」を行う。それぞれ事前申し込みが必要。同館(TEL 043-308-0517)で受け付ける。

 開催時間は9時~17時。料金は大人=700円、高校生=450円、小・中学生=250円、未就学児無料。開催期間は3月20日~4月5日、4月17日~5月16日。5月6日休館。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース