見る・遊ぶ 暮らす・働く

JR千葉駅、53年ぶり新駅舎お披露目 開業記念列車運行も

3 階改札階吹抜部(イメージ)

3 階改札階吹抜部(イメージ)

  •  
  •  

 JR千葉駅と「ペリエ千葉エキナカ」の一部が11月20日、開業する。

開業記念ヘッドマーク

 2011年10月から建て替え工事を進め53年ぶりに新しくなる同駅は、改札などの駅の機能が3階に移転、中央改札と西改札が同じフロアでつながり、ベビー休憩室も新設。商業施設もオープンし、回遊性が向上し利用しやすい駅となった。駅改札口・駅出口を、東側の改札口は「中央改札」、千葉都市モノレール駅へは「モノレール連絡口」、千葉公園方面へは「千葉公園口」など、親しみやすく、分かりやすい名称に変更した。

[広告]

 当日9時から、新設された待ち合わせ空間「ハスの時計」前でテープカット開業式典と同時計の除幕式が行われる。開業記念列車(ラッピングトレイン)の出発式は10時10分(6番線)、10時17 分(8番線)を予定。

 駅を回遊してスタンプを集める「千葉駅開業記念スタンプラリー」は、先着で記念品を用意。東口駅前広場では、院内小学校・椿森中学校・千葉商業高学校吹奏楽部・千葉大学吹奏楽団によるコンサートが行われる。 千葉県内のご当地キャラによる観光PRイベント、「千葉」への思いをカードに記入してクリスマスツリーを完成する「コメントツリー」のほか「電車型パネル&子ども駅長制服で記念撮影会」「黄色いハッピを着た駅社員に声を掛けるとちょっぴりプレゼント」(小学生以下限定)など、さまざまなオープニングイベントを用意する。

 開催時間はイベントにより異なる。

  • はてなブックマークに追加